脱毛の知識 ニードル、フラッシュ、医療レーザー違いは?

脱毛方法の違いとは?

脱毛方法は本当に色々な方法があります。
どれがどれだかわからない!という方に説明しますね!
それぞれにメリット・デメリットがあるので、そこら辺もよく理解した上で自分にあった脱毛方法を選びましょう。

 

ニードル(電気)脱毛

毛穴にニードルを差し込み電気を流すことで毛母細胞という毛を成長させる細胞の周りに熱を発生させて毛母細胞を壊す脱毛法のことです。現在の脱毛法の中で永久脱毛といえるのはこのニードル(電気)脱毛のみです。この方法で処理した毛穴からは二度と毛は生えてきません。ただし毛の周期により今生えている毛の中にはこれから成長する毛と抜けていく毛があり、この方法で有効なのはこれから成長する毛のみです。よって1回の施術だけで完了できるものではなく、光脱毛やレーザー脱毛同様何回かサロンに通う必要があります。

 

メリット
  • 1本1本抜くので、デザインが自由自在。男性のひげ脱毛に人気がある。
デメリット
  • 費用がめちゃくちゃ高い!
  • 痛い!
  • 時間がめっちゃかかる(そりゃそうだよね。1本1本やるんだから(;_;))

 

 

光(フラッシュ)脱毛とは

光脱毛ってよく聞くけどなに??って方も多いかも。
エステサロンの広告などでよく目にする光(フラッシュ)脱毛ですが、その原理や効果までご存じの方は少ないでしょう。なぜ光を当てるだけで脱毛効果が得られるのでしょうか。それは、さまざまな波長の組み合わせの光のエネルギーを脱毛したい箇所に当てることで毛根のメラニン色素に反応させ、毛が生まれる元となる毛母細胞という細胞にダメージを与えるからです。
これを毛が生え変わる周期に合わせて照射していくことで、半永久的な脱毛効果をえることができます。

 

メリット
  • 安い、効果がある、通いやすい!
デメリット
  • 医療レーザーに比べて回数がかかる

 

光脱毛と医療レーザー脱毛とはどこがちがうの

光脱毛と医療レーザー脱毛は比較の対象になりやすい脱毛の施術方法ですが、どちらも黒い物に反応して毛根部にダメージを与えてムダ毛を処理するという点では同じです。異なる点は威力の違いです。
医療レーザーはレーザー光を用いるので非常に強い出力で毛根部を破壊する事が出来ます。この為、永久的な脱毛が期待できます。一方で光脱毛においては光の波長を利用する方法なので威力は弱く、抑毛効果が期待できるという点です。どちらも施術後は毛穴が引き締まって美肌効果が期待できます。
医療レーザーはクリニックでしかできない特別な機会を使います。

 

メリット
  • 回数が少なくてすむ。ほぼ間違いなく強い効果がある。
  • 剛毛で困っている人は痛いけど、効果大。
デメリット
  • エステ脱毛に比べて費用が高い。
  • 医療レーザーは、レーザーの出力が高いので痛いです!
  • エステのようにチェーン展開しているところが少ないので、良いクリニックを見つけるのがわりと大変かも。
  • 湘南美容外科とかなら全国展開していて通いやすいかな。
  • 産毛脱毛にはあまり期待できない。

 

光脱毛は効果があるの?

光脱毛でも十分な脱毛効果はあります(もちろん人によるというのはありますが)。
当然医療レーザー脱毛よりは威力が弱いので効果が出るには時間がかかるでしょう。医療レーザーより回数はかかるものの、費用面では安くする事が出来ます。
光脱毛では黒い物に反応する特性があるので太くて濃い毛は照射の対象になりやすく、反応しやすいので剛毛の方が効果あると言えます。しかしながら、背中などの細い産毛でも根気よく繰り返し施術を行えば徐々に効果は出てくるでしょう。

topページへ戻る