ヒートカッターの脱毛方法・使い方や注意点

ヒートカッターの使い方

下半身の毛というのは、成長してほしくないと願っても、毛であることには変わりないので、毛髪と同様に伸び続けます。
多くの人々は、手軽に行える方法として、ハサミを用いて長さを整えたり、処理します。
しかし、手軽である一方、ハサミだと断面が尖り不快感を覚えるようになります。
そこで、手軽かつ安いヒートカッターを使用するとうい方法もあります。
使い方としては、
ヒートカッターとは、熱線が通っているコームを押し付けることにより、焼いて切るという仕組みです。

 

長く伸びたアンダーヘアをデリケートゾーンに気をつけながら、先をつまんで焼いて切るということをします。

 

ヒートカッターで、脱毛するときの注意点を解説

ヒートカッターで脱毛すると、毛先が尖らないので再び生えてきた時のチクチク感が抑えられます。
でも実際にヒートカッターで脱毛する時はいくつか注意が必要です。
もちろんやけどの可能性もありますし、毛を焼くわけですから煙出るので換気が必要です。
デリケートな部分は危ない場合もあり、毛が長くないとだめなので、微妙な長さを無理して処理してしまいヒヤッとすることもあります。
やっぱり慣れることが必要ですが、トラブルも多く報告されています。
ものによっては、熱くなるのに全然キレないじゃん!などのレビューもあります。
安いし、手軽だから・・・といって、ヒートカッター脱毛に失敗している人も多いようです。

 

ヒートカッターとエステ脱毛はどちらがいい?

 私は毛深いことが悩みで特に肌を露出する季節の前から色々な脱毛のお店に通いました。まず水着を着るためにVライインのヒートカッターを経験しましたが、毛をカッターの温度で焼き切るため危ないと感じ、またお肌を傷つける危険性があり、少し不安に感じました。

ヒートカッターのメリット
  • 安い
  • 手軽
  • 自宅でできる
ヒートカッターのデメリット
  • 危ない
  • 毛の焦げ臭いがクサイ!
  • 換気が必要→ていうか、これないとムリでしょ!
脱毛エステのメリット
  • 一度脱毛してしまえば、後がすごく楽
  • キャンペーンなどを利用すれば安い
  • 安心・安全で、お肌へのダメージが少ない

 

個人的には「熱で切る→危ないよ!(;_;)」「煙でて匂いが・・・」というのもあり、なしだよね。。。っと思ってます。
周りで使っている人も少ないですしね。

 

topページへ戻る