日焼けしている人は脱毛できないのはなぜ?

日焼けはどうしておこるの?日焼けのメカニズムを解説

 

日焼けが起きるのは、日光中の紫外線が原因であることは有名ですよね。
紫外線が皮膚に当たると、皮下の細胞がダメージを受けます。これにより炎症反応が起きて、赤く腫れたり、熱を持ったりします。日焼けによりまず皮膚が赤くなるのはこのためです。
それと並行して、紫外線はメラノサイトと呼ばれる細胞に働きかけます。メラノサイトは、メラニンと呼ばれる色素を作り出す働きがあり、このメラニンのせいで、皮膚が浅黒くなるのです。これが日焼けのメカニズムです。

 

どうして日焼けしていると脱毛できないの?

エステ脱毛で用いられる光による脱毛は、色の黒い部分に反応する性質を持っています。
光は黒色の部分に照射される事で、部分的に温度が高くなり、その結果熱に弱いタンパク質を破壊して脱毛効果を発揮します。
しかし、日焼けで肌が黒くなっている人は、エステ脱毛を行っても日焼けした部分に反応するので、脱毛出来ないどころか火傷や炎症の原因に結び付きます。
つまり、エステ脱毛を行いたいのであれば、日焼けしてない色白の状態が最適で、肌に生じるリスクを避けながら脱毛の結果が得られます。

 

日焼けを上手に防いで脱毛に備えよう

日焼けを上手に防ぐには、こまめに日焼け止めを塗るのが一番です。
それもSPF30以上のものが望ましいでしょう。
紫外線は1年中あります。夏だけじゃないんですよね!これが結構知られてなかったりしますよね。

 

紫外線を防ぐために、防止とか、日傘とかも日常からつかっていると、肌のダメージが少ないので、年齢を重ねてもいつまでも若々しいお肌でいれます。

 

脱毛でお肌すべすべ、美白でお肌すべすべで、いつまでも若くいれるので、いいコトずくめですね〜♪

topページへ戻る