ムダ毛の自己処理からくる肌トラブル・毛のう炎や、埋没毛とは

ムダ毛の自己処理したために起こるトラブル

ムダ毛の処理 自己処理は危険
ムダ毛処理を自分で行う場合には経済的には安くて済みますが、多くの自己処理のトラブルがあるので、処理するならばできればエステなどがいいと言われています。
自己処理のトラブルにおいては、まずは肌を傷つける事です。何度も皮膚の表面をカミソリ等で剃るので痛める他、処理後も適当でいるとカミソリ負けを起こす危険性も高まります。斜めに毛を剃る事で、変に毛穴にバイ菌が入ったり不衛生な状態になり、毛のう炎や色素沈着などの肌トラブルを招きます。

埋没毛とは

脱毛や除毛の処理を行った後に次に生えてくる体毛が皮膚の下に埋もれたまま、皮膚の下で成長して伸びて黒く目立つ毛のことを言います。特に間違った方法の自己処理を繰り返すことで埋没毛は出来やすく、体の部位ではすね部分の毛が埋没毛になりやすいです。自己処理の経験のある女性の多くが経験している症状で、黒いゴマ粒が皮膚の下に埋もれているような状態で汚らしく見えます。これを自己処理しようとすると皮膚を毛抜きなどで破って引っ張り出すことになりますが、皮膚や毛穴を傷つけることになりますので次に生えてくる毛もまた同じように埋没毛になる可能性は高くなります。一度埋没毛になってしまうと自己処理ではなかなか症状を改善することはありません。

色素沈着

女性のムダ毛処理によって色素沈着が起きるのは多くは自己処理によってできるというのがあります。
では、どういう風にして自己処理によって色素沈着が起きるのかというと、一番できやすいのは毛抜きを使ってムダ毛を抜いた時に色素沈着が起きやすいです。
その理由はムダ毛の自己処理をする時に一番皮膚へのダメージが大きいのが毛抜きを使った脱毛だからです。
事実私は以前はよく毛抜きを使ってムダ毛の自己処理をしていたのですが、肌へのダメージは脱毛クリームの比ではなかったです。
なぜなら、毛抜きを使ってムダ毛の自己処理をすると毛は綺麗に取れますが毛と一緒に皮膚の角質も取れてしまい皮膚に穴ができてその部分に色素沈着が起きるからです。なのでムダ毛の自己処理はやめた方が無難です。

お肌のトラブル 毛のう炎の原因

毛のう炎とは見た目はニキビのような炎症で、痛みを伴うのが特徴の感染症です。毛穴の奥にブドウ球菌が繁殖することが原因ですが、ブドウ球菌は肌の常在菌ですので普段から存在し、肌の衛生状態が悪かったりカミソリなどで肌が傷ついたりすると起こりやすくなります。男性ではひげを剃るとき、女性では脇やデリケートゾーンのムダ毛の自己処理を行う際には注意が必要です。

 

毛のう炎の治し方

毛のう炎とは、ムダ毛の自己処理や生活習慣の乱れによるストレスなどが原因で毛穴にブドウ球菌が入り炎症を起こす病気です。見た目はニキビのようですが、ひどくなると熱が出たりします。その対処法は、ムダ毛の自己処理の際に肌を傷つけないようにすることや、肌を清潔に保つことがあげられます。ブドウ球菌は傷から侵入するので、ムダ毛処理の際はカミソリではなく電気シェーバーを使った方が直接刃が肌に当たらないため安全でしょう。
さらに汗や汚れが菌のえさとなり繁殖するため、毛のう炎がある箇所は特にこまめに洗いましょう。
患ってしまった場合軽度のものは自然治癒しますが、症状が悪化していく前に皮膚科に診てもらうことが大切です。

 

topページへ戻る